夏ミカンのマーマレード

主な材料

無農薬(重要) 夏ミカン

オーガニックシュガー

無農薬マーマレードプレゼント


初夏を待ちわびて作る我が家のマーマレード。
私は少しほろ苦さの残る大人の味が好みです。
無農薬の夏ミカンを手に入れたら、皮をむき、身と皮の白い部分を8割がたこそげ落とします。 この白いところはアルベドと言って、食物繊維やビタミンを沢山含み、体にはとてもいいのですが、夏ミカンのそれは苦く、使うとなれば何度も茹でこぼしをしなければならないので、私は「なるべく取る」という苦肉の策を採用しています。 白いところを取った皮を計量したら、鍋に入れ、ひたひたの水を加え茹でます。 沸騰して10分たったら火を止め、少し冷ましてからゆで汁を捨て、フードプロセッサで3ミリ角目安にカットします。 実は房から取り出し、種を取り除きます。 これ、とても面倒な作業のようですが、よく切れるパティナイフさえあれば、果実1個につき1分くらいで出来ます。 皮をむかれた実を房に分けず、丸いままリンゴの皮をむくようにナイフで房のおしりのところ?をむいてしまいます。 それから房に沿って外側から中心に向かってV字にナイフを入れ、ひとつひとつ身を取り出すのです。 料理に柑橘を使いたいとき、この方法を知っていると便利です。
房から取り出した身の重さも計り、皮の重さと合計します。 合計の60%のオーガニックシュガーを用意し、カットした皮と身と砂糖を鍋に入れ、火にかけ、焦がさないように木べらでかき回しながら、2時間くらい煮ます。 とろみがついたら出来上がりです。
今年も美味しく出来ました。 美味しくできたので、抽選で10名様におすそ分け致します。 詳しい応募方法は「はつ花」のホームページをご覧ください。(締切:平成29年6月末日)